検索
  • 河邊英里子

箱根駅伝を見ながら

お正月も3日目。 いかがお過ごしですか? 私はサッカーの試合に行きまくっていだ結果 風邪をひきました。。。 ユニクロの極暖に ホッカイロ、 スノーブーツまで着込んで 挑んだのですが 体が持ちませんでした。 今年は(も)体力アップ が課題です。 というわけで 今日は箱根駅伝。 私の母校 青山学院大学が往路優勝、 復路もこのままいけば優勝! というのをテレビで見ながら メルマガを書いてます。 昨年は サポートしていた大学の1人が 学連選抜に選ばれて 出場していたので 私も現地に行って応援してました。 箱根駅伝を目指して その舞台に立てた彼らには とにかく 全力で楽しんできてほしい ただそれしかありませんでした。 一方で 同じように箱根を目指して 頑張ってきたけれど 走れなかった選手も たくさんいます。 特に 出場校なのに メンバー入りできなかった 選手の悔しさは 本人にしかわかりません。 目の前で いつも練習で一緒に走っていた仲間は 箱根駅伝を走り、 自分はサポート側に回る。 仲間を応援する気持ちと 悔しさと 相反する気持ちの葛藤が生まれます。 私もそこに寄り添うしかできません。 でも その経験がきっと 今後の人生の財産になるのは間違いない ということも私は知っています。 今すぐにはそう思えなくても あの時の経験があってよかった あの時の悔しさが今につながった そして 仲間を応援できてよかった って思える日が 必ずきます。 そして そう思える力を持ってもらいたい とも思っています。 学生スポーツは 期間限定。 大学は4年間、 高校なら3年間。 プロも厳しいけど 学生だって同じように厳しい。 だからこそ 成長スピードを少しでも早める メンタルコーチングを 取り入れればいいのに って思います。 ・今年こそ結果をだしたい ・レギュラーになりたい ・チームをまとめたい そんなアスリートの方 もしくは ご自分のお子さんの活躍を願う保護者の方 がいらっしゃったらご紹介ください。   無料相談をいたします。 ご連絡はこちらまで。 eriko_kawabe@haruasu.com

1回の閲覧